大阪市議会と慰安婦像

大阪市長はサンフランシスコ市との姉妹都市縁組を破棄すると表明。
市長としてSF市に抗議はしたものの、市議会としての抗議は出されてなかったということ。
大阪市議会では否決されていたようです。

議員提出議案第25号

サンフランシスコ市における慰安婦像設置及び
慰安婦の日制定について再検討を求める決議案

本案を別紙のとおり提出する。
平成29年9月27日
大阪市会議長 山下昌彦 様

提出者
 大内 啓治 辻 淳子 木下 誠 広田 和美
 出雲 輝英 今井 アツシ 飯田 哲史 上田 智隆
 高見 亮 岡崎 太 ホンダ リ エ 不破 忠幸
 杉山 幹人 改発 康秀 東 貴之 井戸 正利
 片山 一歩 田辺 信広 丹野 壮治 大橋 一隆
 杉村 幸太郎 伊藤 良夏 市位 謙太 守島 正
 藤田 あきら 竹下 隆 奥野 康俊 德田 勝
 金子 恵美 佐々木 りえ 藤岡 寛和 宮脇 希
 岡田 妥知


(別 紙)

サンフランシスコ市における慰安婦像設置及び
慰安婦の日制定について再検討を求める決議

サンフランシスコ市議会において、慰安婦像及び碑の設置日を慰安婦の日に制定する決議案が2017年9月19日に審議、可決され、9月22日に、サンフランシスコ市に慰安婦像及び碑が設置された。

慰安婦問題に関しては、2015年12月に日韓両政府において、日本が多数の女性の名誉と尊厳を傷つけたとして責任を表明し、この問題を最終的かつ不可逆的に解決すること、そして今後国際社会において互いに非難・批判することを控えることで合意したところである。

過去の歴史的事実を直視し、普遍的な価値を持つ女性の尊厳と人権が戦場においても守られる世界を目指すための活動は大いに取り組むべきである。

しかしながら、サンフランシスコ市において慰安婦像及び碑文を設置し、それに合わせて慰安婦の日を制定することは、本市にとってこの合意の精神を傷つけるものであると言わざるを得ず、姉妹都市の議会として看過できるものではない。

このまま慰安婦像及び碑文が設置され、慰安婦の日が制定されたままであるなら、日本人及び日系人が多く住むサンフランシスコ市にとってもコミュニティー分断の原因にもなりかねず、将来的な両市の交流、日米関係にも悪影響を及ぼすのではないかと懸念される。

慰安婦の日を制定する決議案の提案理由には、日本の慰安婦制度が人身売買への道を切り開いたといった事実に反するものがある。両市の間に誤った認識に基づいた関係が構築されるおそれがあり、それは悲劇的なことである。
サンフランシスコ市との友好の歴史は1957年に姉妹都市提携を結んで以来、60年の長きにわたり、両市代表団の相互訪問など交流を深めてきた。

直近では、平成27年10月に友好都市提携特別展を大阪市役所にて開催し、平成28年7月にはサンフランシスコ高校生アンバサダーが来阪され、また平成28年8月には、市長が世界のイノベーションを牽引するシリコンバレーを訪問し、サンフランシスコ市との連携強化を図るなど、着実な相互交流によってきずなを深めてきた経緯がある。

姉妹都市提携60周年を迎える記念すべき本年を契機に、議会としても将来にわたってさらに良好な信頼関係を構築していきたいと切に願うところである。
よって本市会は、サンフランシスコ市が、市の意思として慰安婦の日を制定し、慰安婦像及び碑を公有地に設置されようとしている状況について、再検討されるよう強く求めるものである。
以上、決議する。

平成29年9月 日

大 阪 市 会
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu260/result/201709_12.html#a2

大阪市の自民党は左派としか思えない。


http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu260/result/201709_12.html#a2

富川市・安重根公園の慰安婦像
そういえば岡山市は韓国の富川(プチョン)市と姉妹縁組。
しかしここにも伊藤博文暗殺の犯人を記念した安重根公園に於いて慰安婦像が2016年に設置されている。(リンク:韓国語のニュース

姉妹都市提携をやめて欲しい。

大学の無料化は必要ない

大学まで無償化されると医大などの受験戦争を過当に悪化させ、受験生が地獄を見るだけです。
裕福な家庭との格差を解消するためなら奨学金制度があるから、これを無償化するべきです。

奨学金制度というのは抑々貧困層の救済のためにある制度なので、わざわざ授業料を完全無償化する必要はない。金持ちまで救済して意味があるのでしょうか。

授業料を払える家庭は払い、払えない家庭は無償、あるいは出世払い(一定年収に到達したら一部奨学金の返済義務)。
完全無償化に当てる財源があるのなら、少子化対策・待機児童対策・基礎科学技術研究費への足しにして欲しい。

本来、義務教育が終われば希望の職業に就くために各種学校に入るべきで、その為に高専や商業工業、工業高校がある。美容学校や調理師学校なども高校の学科に加えてもいい気がする。

あと、大学の数が多すぎる。
大学の数の推移を昨年度から団塊の世代後までさかのぼって5年毎の間隔で表にしてみました。

大学数(募集停止中を除く)

国立 公立 私立
昭和57年(1982年)計455
95
34
326
昭和62年(1987年)計474
95
37
342
平成4年(1992年)計523
98
41
384
平成9年(1997年)計586
98
57
431
平成14年(2002年)計686
99
75
512
平成19年(2007年)計756
87
89
580

平成24年(2012年)計783
86
92
605

平成29年(2017年)計780
86
90
604
(文部科学省発表の統計よりグラフ化)

平成29年5月1日現在 国立86校 公立89校 私立604校 計779校 国立大学の比率11.4%

団塊の世代の次の世代に移った昭和末期以降も何故か増え続ける大学数。
途中から少子化の影響で大学の増設を停止。
国立大が統合されて全体数が減ったことから公立大(県立・市立など)が増え県や市の財政を圧迫しただけ。
少子化が進む中大学の数が減らないことから、やはり天下り先疑惑は拭えない。
各大学2名(理事・教授各一人くらい)は最低でもいると数えたら天下りした元官僚は1500人はいるということに。

奨学金制度のなかった時代は?

奨学金制度のなかった時代でも運が良ければ貧困層からの優秀な人材は大学まで進むことが出来た。
成績優秀な人材(いわゆる秀才)や才能の秀でた者にはパトロンが付き学費を援助し、場合によっては食費代も援助。住み込みの場合も。

国家・国民・文化のため金の卵を発掘して育てることは裕福層の努めであり、美徳であった。

現在はどうか。希望すれば殆どの人が選ばなければどこかの大学には入れ、ほぼ卒業できる。そればかりか企業は大学に社会人としての基礎を学ぶことを求める始末で、学生も学問を極めるために入るものは少ない。

海外では?

ドイツなど大学が無償の国もあるが、そもそも制度が違い、専門職を目指す者は大学に行かないで専門学校に入るかマイスターに弟子入りするため大学進学率は日本より低い。
また海外では先進国でも大学の数も日本の半分以下が殆どで、先進国では日本のようにこれでも大学か?と思われるような学校はない。
大学も卒業が難しく、学業も一定レベルを維持できなければそれだけで退学になるなど日本より厳しい。

日本も大学は学問や研究の機関とし、就職や技能は各種専門学校や専門に特化した大学(美術大学や音楽大学や商科大学のような)が担い、企業も一般大よりもこちらから人材を優先して採用するべきでしょう。

※マイスター(ドイツ語:Meister)とは
日本語では親方と訳される。英語ではmaster(マスター)、イタリア語でmaestoro(マエストロ)
国家資格。社会的地位は絶大。

加計問題

フェイクニュースの代表「加計問題」

こんな子ども騙しの報道に踊らされて国会で審議攻勢をかける民進党系議員。
「国家戦略特区諮問会議決定」という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。」
に関しては何処も報道しない。

ネットでこの件が指摘され始めると、今度は安部総理と加計理事長は旧知の親友だったからやはり忖度や圧力があったのではないかと執拗に追求する。

しかし、本筋は文科省の背信行為、獣医師会の責任などが問題にされるべきで疑問だ。

加計氏がお友達だから怪しいと言うのでは、追求の急先鋒を駆ける某県の国会議員は親兄弟が獣医師。
これも怪しいと追求しなければ片手落ちでしょう。

いずれこの問題はメディアが隠しきれなくなる。
その時、野党議員たちはどう言い訳をするだろうか。

もうメディアによる揉み消しが通用する時代ではない。
野党議員はこの先どうなるか、よく考えるべきです。
続きを読む →

マニフェストの起源は?

古くからラテン語にあったので言葉としては古いようです。

イタリア語らしい。だから語尾が「manifesto」で終わり、日本語でも「マニフェスト」と「ト」が強く発音されるのだろうか。

30.「マニフェスト」が米語で使われない訳は?より)

調べてみたらどうも「明示する」という意味のラテン語で。その後イタリア語になり、英語に外来語として加わる。
ラテン語に似たような言葉(マニフィカトMagnificat)があるけどこれは全く別物なようですのでご注意。

さて、「民主党マニフェスト」は、イギリスにおける19世紀以来の政治慣行を参考にしたものらしい。イギリスの政党政策は、「Party Manifesto」とか 「The Manifesto of a Party」 と今でも呼ばれることからも、イギリスでの「マニフェスト」という言葉に対する意識は、アメリカと違ったものがあるのかもしれない。
19世紀、ヨーロッパ社会は、資本主義による資本家階級(ブルジョアジー)と労働者階級(プロレタリアート)との対立が増していた階級闘争時代である。労働者階級の人々にとって「The Communist Manifesto」は、資本主義階級社会を批判する最適の書であり、政治権力を資本家階級から奪取し、労働を共同化することによって、平等と民主的な国家ができると言う理想的な思想主義だったに違いない。しかし、上流資本家階級にとって、「The Communist Manifesto」は、脅威の書だったことだろう。
他方、当時のアメリカでは、1861年に勃発する南北戦争を前に、南部と北部で、政治、経済、社会思想の相違による緊張感が増していた。イギリスやヨーロッパとの貿易に目を向けることはあっても、労働者としての移民や黒人奴隷問題を抱える国で、「The Communist Manifesto」理論を熟慮する者など殆どいなかったのではないだろうか。

ヨーロッパの国々が混沌とした時代、「Manifest der Kommunistischen Partei」は、初めイギリス・ロンドンで、ドイツ語で印刷・発行され、二年後に英語版「The Communist Manifesto」が出た。「コミュニスト・マニフェスト」という言葉を考えたとき、イギリスやヨーロッパの人々にとっては、当時民衆に支持された「コミュニスト(共産主義)」という言葉に大きな意義があるのであって、「マニフェスト」自体には「政策」とか「宣言」という単独の意味しかなかったかもしれない。それ故にイギリスでは、その後も「マニフェスト」という言葉が、政治用語として独立して使われてきたのではないだろうか。

30.「マニフェスト」が米語で使われない訳は?より)

今も昔もファにフェスとの意味は宣言や明言という意味で、公約というおかしな意味で使っているのは日本のメディアと政治家だけ。公約よりも一回り高い位置の宣言なので、最近与野党ともにマニフェストを言わなくなったのも公約じゃなくて宣言だと自分の首を締めるから。

ところで、マニフェストが最初に使われたのは何時なのか。

イギリスの最初のマニフェストは1835年の総選挙においてロバート・ピールが自身のタムワース選挙区の選挙区民に向けて出したものだとされる。ただしこの「タムワース・マニフェスト」はピールの個人的な所信表明の性格が強いものであった。1906年には労働党が政党の公約として初めてマニフェストを出す。現在のように冊子の形になったのは1935年総選挙時の保守党のものが最初であるとされる。また1980年代初頭以降、各党のマニフェストは写真入りのカラー印刷冊子となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マニフェスト#イギリスのマニフェストより)

とある。

またマルクスとエンゲルスの共著の共産党宣言(Manifest der Kommunistischen Partei)あるいは共産主義者宣言(Das Kommunistische Manifest)は1848年なので英国のタムワース・マニフェスト(Tamworth Manifesto)10年以上遡る。

しかし、カルタヘナ宣言(The Cartagena Manifesto (1812), by Simón Bolívar)やバグダッド宣言(The Baghdad Manifesto (1011) )が。11世紀のこれがひょっとして最古?

はて・・・